臨床研究に関して

臨床研究にご協力をお願いします

「肺MAC症の生命予後延長を目指す研究」に関する臨床研究を実施しています。
信州大学医学部医倫理委員会の審査による医学部長の承認を得て実施しています。この研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされています。

倫理審査承認番号
研究課題名 肺MAC症の生命予後延長を目指す研究
所属(診療科等) 呼吸器・感染症・アレルギー内科
研究責任者(職名) 牛木 淳人(講師)
研究実施期間 倫理委員会承認日~2022年3月31日
研究の意義、目的 肺MAC症の生命予後改善を目的とし、生命予後延長に寄与する因子や、本症に対する多剤併用療法の有効性を検討します。
対象となる患者さん 2003年1月1日から2019年2月28日の期間に信州大学医学部附属病院で肺MAC症と診断された方
利用する診療記録/
検体
性別、年齢、身長、体重、合併症、既往歴、肺MAC症に対する多剤併用療法の有無、副腎皮質ステロイド・免疫抑制薬・抗悪性腫瘍薬・生物学的製剤使用の有無、肺MAC診断時の血液検査所見・画像所見・細菌学的所見
他機関から試料・情報
の提供を受ける方法
転医先医療機関へ該当患者の名前、生年月日を伝え、上記の診療記録データを症例報告書に記載してもらい、信州大学医学部附属病院へ持参もしくは郵送してもらいます。
研究方法 過去の診療記録より上記の内容を収集し、生存患者さんと死亡患者さんで比較を行い、死亡に影響した因子を検討します。また多剤併用療法施行群と非施行群で死亡率に差が無いか検討します。
共同研究機関名 本研究は、信州大学のみで実施されます。
問い合わせ先  氏名(所属・職名):
牛木 淳人(呼吸器・感染症・アレルギー内科講師)

既存の診療記録、検査結果を研究、調査、集計しますので、新たな診察や検査の必要はありません。

患者様を直接特定できる個人情報を削除した上で提供された試料・情報等を利用します。
研究成果は今後の医学の発展に役立つように学会や学術雑誌などで発表しますが、その際も患者様を特定できる個人情報は利用しません。

この研究にご自分の診療記録等を利用することをご了解いただけない場合、またご不明な点については、上記問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。
研究不参加を申し出られた場合でも、なんら不利益を受けることはありません。ただし、同意取り消しの申し出をいただいたとき、すでに研究成果が論文などで公表されていた場合や、試料や情報が匿名化されて個人が全く特定できない場合などには、結果を廃棄できないこともあり、引き続き使わせていただくことがあります。

オプトアウト文書(PDF)

 

【患者様対象】臨床研究にご協力をお願いいたします。(IgG4関連疾患、サルコイドーシスを含む各種間質性肺疾患と健常者の血清中、BAL液中バイオマーカーの比較検討)

「IgG4関連疾患、サルコイドーシスを含む各種間質性肺疾患と健常者の血清中、BAL液中バイオマーカーの比較検討」に関する臨床研究を実施しています。
信州大学医学部医倫理委員会の審査による医学部長の承認を得て実施しています。この研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされています。

倫理審査承認番号 4002
課題名 IgG4関連疾患、サルコイドーシスを含む各種間質性肺疾患と健常者の血清中、BAL液中バイオマーカーの比較検討
研究機関 呼吸器・感染症・アレルギー内科
研究責任者 山本 洋(准教授)
研究実施期間 倫理委員会承認日~2022年03月31日
研究の意義、目的 IgG4関連疾患、サルコイドーシスを含む各種間質性肺疾患の病態を明らかにすることを目的とした研究で、医学の進歩に貢献すると考えられます。
対象患者様 2006年4月1日から2018年2月28日の期間に当院でIgG4関連疾患とサルコイドーシスなど間質性肺疾患について医療を受けられた方
利用する診療記録/検体 診断名、年齢、性別、身体所見、検査結果など/血液、組織など
研究方法 過去の診療記録より上記の内容を収集し、BAL液検体、血清検体を再評価して各種診療記録との関係性の有無について検討します。
共同研究機関名 本研究は、信州大学のみで実施されます。
その他

既存の検体や診療記録、検査結果を研究、調査、集計しますので、新たな診察や検査、検体の採取の必要はありません。

当院外へ患者様を直接特定できる個人情報がでることはありません。
必要な情報のみを集計します。研究成果は今後の医学の発展に役立つように学会や学術雑誌などで発表しますが、患者様を特定できる個人情報は利用しません。

この研究にご自分の診療記録等を利用することをご了解いただけない場合、またご不明な点については、下記の問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。
研究不参加を申し出られた場合でも、なんら不利益を受けることはありません。
ただし、同意取り消しの申し出をいただいたとき、すでに研究成果が論文などで公表されていた場合や、試料や情報が匿名化されて個人が全く特定できない場合などには、結果を廃棄できないこともあり、引き続き使わせていただくことがあります。

お問い合わせ先:信州大学医学部附属病院
担当者 呼吸器・感染症・アレルギー内科准教授 山本 洋(電話:0263-37-2631)

【職員対象】臨床研究にご協力をお願いいたします。(IgG4関連疾患、サルコイドーシスを含む各種間質性肺疾患と健常者の血清中、BAL液中バイオマーカーの比較検討)

「IgG4関連疾患、サルコイドーシスを含む各種間質性肺疾患と健常者の血清中、BAL液中バイオマーカーの比較検討」に関する臨床研究を実施しています。
信州大学医学部医倫理委員会の審査による医学部長の承認を得て実施しています。この研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされています。

倫理審査承認番号 4002
課題名 IgG4関連疾患、サルコイドーシスを含む各種間質性肺疾患と健常者の血清中、BAL液中バイオマーカーの比較検討
研究機関 呼吸器・感染症・アレルギー内科
研究責任者 山本 洋(准教授)
研究実施期間 倫理委員会承認日~2022年03月31日
研究の意義、目的 IgG4関連疾患、サルコイドーシスを含む各種間質性肺疾患の病態を明らかにすることを目的とした研究で、医学の進歩に貢献すると考えられます。
対象職員 2006年4月1日から2018年2月28日の期間に当院で職員を受け、残余検体の使用に了承して同意書に署名をいただいた方。
利用する診療記録/検体 診断名、年齢、性別、身体所見、検査結果など/血液、組織など
研究方法 血清検体を用いて各種マーカーを測定し、健常者(コントロール)として患者検体の結果と比較検討します。
共同研究機関名 本研究は、信州大学のみで実施されます。
その他

既存の検体や診療記録、検査結果を研究、調査、集計しますので、新たな診察や検査、検体の採取の必要はありません。

当院外へ患者様を直接特定できる個人情報がでることはありません。
必要な情報のみを集計します。研究成果は今後の医学の発展に役立つように学会や学術雑誌などで発表しますが、患者様を特定できる個人情報は利用しません。

この研究にご自分の診療記録等を利用することをご了解いただけない場合、またご不明な点については、下記の問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。
研究不参加を申し出られた場合でも、なんら不利益を受けることはありません。
ただし、同意取り消しの申し出をいただいたとき、すでに研究成果が論文などで公表されていた場合や、試料や情報が匿名化されて個人が全く特定できない場合などには、結果を廃棄できないこともあり、引き続き使わせていただくことがあります。

お問い合わせ先:信州大学医学部附属病院
担当者 呼吸器・感染症・アレルギー内科准教授 山本 洋(電話:0263-37-2631)

臨床研究にご協力をお願いいたします。(閉塞性換気障害における疾患による呼吸機能・QOLの相違―末梢気道と中枢気道の障害の相違点―)

「閉塞性換気障害における疾患による呼吸機能・QOLの相違―末梢気道と中枢気道の障害の相違点―」に関する臨床研究を実施しています。
信州大学医学部医倫理委員会の審査による医学部長の承認を得て実施しています。この研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされています。

倫理審査承認番号
課題名 信閉塞性換気障害における疾患による呼吸機能・QOLの相違
―末梢気道と中枢気道の障害の相違点―
研究機関 呼吸器・感染症・アレルギー内科
研究責任者 安尾将法(講師)
研究実施期間 倫理委員会承認日~2020年3月31日
研究の意義、目的 肺癌などによる気管・気管支などの太い気道の狭窄とCOPD(慢性閉塞性肺疾患:タバコ肺)の空気の通り道(気道)の狭窄部位や程度の違いを明らかにすることを目的とした研究で、より簡便な検査法確立に貢献すると考えられます。
対象患者様 2013年12月1日から2017年5月31日の期間に当院で中枢気道狭窄またはCOPDについて医療を受けられた方
利用する診療記録/検体 診断名、年齢、性別、身体所見、検査結果など
研究方法 過去の診療記録より上記の内容を収集し、上記2疾患の違いについて検討します。
共同研究機関名 本研究は、信州大学のみで実施されます。
その他

既存の診療記録、検査結果を研究、調査、集計しますので、新たな診察や検査の必要はありません。

当院外へ患者様を直接特定できる個人情報がでることはありません。
必要な情報のみを集計します。研究成果は今後の医学の発展に役立つように学会や学術雑誌で発表しますが、患者様を特定できる個人情報は利用しません。

研究不参加を申し出られた場合でも、なんら不利益を受けることはありません。
ただし、同意取り消しの申し出をいただいたとき、すでに研究成果が論文などで公表されていた場合や、試料や情報が匿名化されて個人が全く特定できない場合などには、結果を廃棄できないこともあり、引き続き使わせていただくことがあります。

この研究にご自分の診療記録等を利用することをご了解いただけない場合、またご不明な点については、下記の問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。

お問い合わせ先:信州大学医学部附属病院
担当者 呼吸器・感染症・アレルギー内科 安尾将法 (電話:0263-37-2631)

臨床研究にご協力をお願いいたします。(呼吸器センターを中心とした内科および外科治療例における後方視的検討)

呼吸器センターを中心とした内科および外科治療例における臨床経過」に関する臨床研究(後ろ向き観察研究)を実施しております。
信州大学医学部医倫理審査委員会の審査による医学部長の承認を得て、研究用に保管された検体を用いて行います。このような研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされています。

倫理審査承認番号 3503
課題名 信州大学医学部附属病院呼吸器センターを中心とした内科および外科治療例における後方視的検討
研究機関 信州大学医学部(内科学第1および外科学第2)
研究責任者 信州大学医学部(外科学教室(外科学第二)乳腺内分泌・呼吸器外科学部門 椎名隆之)
研究実施期間 2016年9月6日〜2021年12月31日
研究の意義、目的 当院呼吸器センターを中心とした内科および外科的治療および集学的治療における様々な疾患の情報を収集し、関連性を検討すること目的として行います。
対象患者様 1961年1月1日から2021年12月31日の期間に当院の呼吸器センター(信州がんセンター)で治療をされた方。
利用カルテ情報 研究費を特に必要としない。
その他

診療記録、検査結果を研究、調査、集計しますので、新たな診察や検査、検体の採取の必要はありません。

当院外へお名前や個人情報がでることはありません。
必要な情報のみを集計します。研究成果は今後の医学の発展に役立つように学会や学術雑誌で発表しますが、患者様を特定できる個人情報は利用しません。

この研究にご自分の診療記録等を利用することをご了解いただけない場合、またご不明な点については、下記のお問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。

ご自分の診療記録等の利用をお断りになっても、通常の診療などで不利益を受けることはありません。 上記の研究期間中であれば、いつでもお断りいただけます。

お問い合わせ先:信州大学医学部附属病院      
担当者 呼吸器外科 椎名隆之 (電話:0263-37-2657)

一覧はこちら(News&Topics)