臨床研究に関して

信州大学医学部附属病院  呼吸器・感染症・アレルギー内科または高度救命救急センターに 通院中または過去に通院・入院された患者様またはご家族の方へ

「成人市中発症肺炎(COP)における肺炎球菌性肺炎の疫学研究(Japan Pneumococcal Vaccine Effectiveness study; J-PAVE study-2)」に関する臨床研究を実施しています。

信州大学医学部医倫理委員会の審査による医学部長の承認を得て実施しています。この研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされています。

倫理審査承認番号
研究課題名成人市中発症肺炎(COP)における肺炎球菌性肺炎の疫学研究
(Japan Pneumococcal Vaccine Effectiveness study; J-PAVE study-2)
所属(診療科等)呼吸器・感染症・アレルギー内科
研究責任者(職名)花岡 正幸(教授)
研究実施期間倫理委員会承認日~2024年3月31日
研究の意義、目的肺炎球菌による肺炎を発症した患者の背景や、肺炎球菌の詳細な種類を調べることにより、日本の肺炎の現状を調査する研究です。
対象となる方倫理委員会承認日から2023年12月31日の期間に当院で肺炎球菌による肺炎について医療を受けられた方
利用する診療記録/検体年齢、性別、身体所見、検査結果、病歴、ワクチン接種歴など/喀痰や血液から培養された肺炎球菌
他機関への試料・情報の提供方法直接、郵送、電子的入力のいずれかにより提供します
研究方法過去の診療記録より上記の内容を収集し、肺炎球菌の詳細な種類と各種診療記録との関係性の有無について検討します。
共同研究機関名
長崎大学熱帯医学研究所(責任者:森本浩之輔)、京都大学医学部附属病院(責任者:伊藤功朗)、神戸市立医療センター西市民病院(責任者:藤井宏)、明石医療センター(責任者:岡村佳代子)、公益財団法人東京都保健医療公社荏原病院(責任者:福田陽佑)、田附興風会医学研究所北野病院呼吸器センター(責任者:井上大生)、静岡市立静岡病院(責任者:山田孝)、京都南病院(責任者:新林成介)、新京都南病院(責任者:新林成介)、彦根市立病院(責任者:月野光博)、公立小浜病院(責任者:伊藤功朗)、洛和会音羽病院(責任者:土谷美知子)、国立病院機構姫路医療センター(責任者:中原保治)、大阪府済生会中津病院(責任者:長谷川吉則)、神戸市立医療センター中央市民病院(責任者:中川淳、平林亮介)、日本赤十字社和歌山医療センター(責任者:杉田孝和)、倉敷中央病院(責任者:伊藤明広)、大津赤十字病院(責任者:酒井直樹)、天理よろづ相談所病院(責任者;羽白高)、岸和田市民病院(加藤元一)、大阪赤十字病院(西坂泰夫)、十善会病院(責任者:麻生憲史)、長崎労災病院(責任者:西山明)、近森病院(責任者:石田正之)、国立病院機構高知病院(責任者:竹内栄治)、JA高知病院(責任者:住友賢哉)、高知医療センター(浦田知之)、高知赤十字病院(責任者:豊田優子)、愛宕病院(責任者:内海善夫
研究代表者主任施設の名称:長崎大学熱帯医学研究所
研究責任者:森本浩之輔
問い合わせ先氏名(所属・職名):牛木淳人(信州大学医学部附属病院医療情報部准教授)
電話:0263-37-3016

既存の検体や診療記録、検査結果を研究、調査、集計しますので、新たな診察や検査、検体の採取の必要はありません。

利用する情報からは、患者様を直接特定できる個人情報を削除し、主任施設である長崎大学熱帯医学研究所に提供します。

研究成果は今後の医学の発展に役立つように学会や学術雑誌などで発表しますが、その際も患者様を特定できる個人情報は利用しません。

この研究にご自分の診療記録等を利用することをご了解いただけない場合、またご不明な点については、上記問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。

研究不参加を申し出られた場合でも、なんら不利益を受けることはありません。ただし、同意取り消しの申し出をいただいたとき、すでに研究成果が論文などで公表されていた場合や、試料や情報が匿名化されて個人が全く特定できない場合などには、結果を廃棄できないこともあり、引き続き使わせていただくことがあります。

オプトアウト文書(PDF)

信州大学医学部附属病院 呼吸器・感染症・アレルギー内科に 通院中または過去に通院・入院された患者様またはご家族の方へ 当科における臨床研究にご協力をお願いいたします。

「薬剤性間質性肺炎のスコアリングシステムによる診断基準の構築」に関する臨床研究を実施しています。

信州大学医学部医倫理委員会の審査による医学部長の承認を得て実施しています。この研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされています。

倫理審査承認番号
研究課題名薬剤性間質性肺炎のスコアリングシステムによる診断基準の構築
所属(診療科等)呼吸器・感染症・アレルギー内科
研究責任者(職名)花岡 正幸(教授)
研究実施期間倫理委員会承認日~2023年3月31日
研究の意義、目的薬剤性間質性肺炎の診断基準を確立することを目的とした研究で、正確な診断および治療の開発に貢献すると考えられます。
対象となる方2003年8月1日から2019年12月31日の期間に当科へ入院した方
利用する診療記録/検体診断名、投与薬剤、検査結果、治療経過など
研究方法過去の診療記録より上記の内容を収集し、薬剤性間質性肺炎患者とその他の疾患を比較します。
共同研究機関名本研究は、信州大学のみで実施されます。
問い合わせ先氏名(所属・職名):牛木淳人(信州大学医学部附属病院医療情報部准教授)
電話:0263-37-3016

既存の診療記録、検査結果を研究、調査、集計しますので、新たな診察や検査、検体の採取の必要はありません。

当院外へ患者様を直接特定できる個人情報がでることはありません。

必要な情報のみを集計します。研究成果は今後の医学の発展に役立つように学会や学術雑誌などで発表しますが、患者様を特定できる個人情報は利用しません。

この研究にご自分の診療記録等を利用することをご了解いただけない場合、またご不明な点については、上記問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。

研究不参加を申し出られた場合でも、なんら不利益を受けることはありません。ただし、同意取り消しの申し出をいただいたとき、すでに研究成果が論文などで公表されていた場合や、試料や情報が匿名化されて個人が全く特定できない場合などには、結果を廃棄できないこともあり、引き続き使わせていただくことがあります。

オプトアウト文書(PDF)

信州大学医学部附属病院 呼吸器・感染症・アレルギー内科に 通院中または過去に通院・入院された患者様またはご家族の方へ 当科における臨床研究にご協力をお願いいたします。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の重症化因子における性別の違い
に関する臨床研究を実施しています。

信州大学医学部医倫理委員会の審査による医学部長の承認を得て実施しています。この研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされています。

倫理審査承認番号  
研究課題名 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の重症化因子における性別の違い
所属(診療科等) 内科学第一教室(呼吸器内科・感染症・アレルギー内科)
研究責任者(職名) 野沢修平(呼吸器内科医師)
研究実施期間 倫理委員会承認日から2022年2月1日まで。
研究の意義、目的 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の重症化因子を男女別に見つけることで、それぞれの重症化しないためのアプローチ方法がわかる可能性がある。
対象となる患者さん

2005年2月1日から2021年3月1日の期間に、当院で終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG:polysomnography)とセファロメトリーを行った患者様。

利用する診療記録 診断名、性別、年齢、BMI、無呼吸低呼吸指数(AHI)、セファロメトリーの所見など。
研究方法 対象期間中にPSGとセファロメトリーを受けた患者様を、男女別に重症、非重症に分類して年齢、BMI、セファロメトリーを用いて多変量解析を行います。
共同研究機関名 本研究は、信州大学のみで実施されます。
問い合わせ先 氏名(所属・職名):野沢修平(大学院生・呼吸器内科医師)
電話:0263-37-2631

既存の診療記録、検査結果を研究、調査、集計をしますので、新たな診察や検査、検体の採取は必要ありません。

当院外へ患者様を直接特定できる個人情報がでることはありません。
必要な情報のみを集計します。研究成果は今後の医学の発展に役立つように学会や学術雑誌などで発表しますが、患者様を特定できる個人情報は利用しません。

この研究にご自分の診療記録等を利用することをご了解いただけない場合、またご不明な点については、上記問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。
研究不参加を申し出られた場合でも、なんら不利益を受けることはありません。ただし、同意取り消しの申し出をいただいたとき、すでに研究成果が論文などで公表されていた場合や、試料や情報が匿名化されて個人が全く特定できない場合などには、結果を廃棄できないこともあり、引き続き使わせていただくことがあります。

オプトアウト文書(PDF)

信州大学医学部附属病院 呼吸器・感染症・アレルギー内科に過去に入院された患者様またはご家族の方へ 当科における臨床研究にご協力をお願いいたします。

体位依存性閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者の特徴」に関する臨床研究を実施しています。
信州大学医学部医倫理委員会の審査による医学部長の承認を得て実施しています。この研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされています。

倫理審査承認番号
研究課題名 体位依存性閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者の特徴
所属(診療科等) 内科学第一教室(呼吸器内科・感染症・アレルギー内科)
研究責任者(職名) 野沢修平(呼吸器内科医師)
研究実施期間 倫理委員会承認日から2022年2月1日まで。
研究の意義、目的 睡眠の体位で無呼吸の重症度が著しく改善する体位依存性閉塞性睡眠時無呼吸症候群の特徴を研究する。体位依存性の特徴を見つけることで、体位指導訓練などの治療の選択肢が増える可能性がある。
対象となる患者さん 2005年2月1日から2022年1月1日の期間に、当院で終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG:polysomnography)を行った患者様。
利用する診療記録 診断名、年齢、BMI、性別、既往歴、無呼吸低呼吸指数(AHI)、睡眠構成(REM睡眠、non-REM睡眠)、睡眠中の酸素値など。
研究方法 対象期間中にPSGを受けた患者様を、体位で無呼吸の重症度が大きく改善する体位依存性閉塞性睡眠時無呼吸症候群と、大きく改善しない非体依存性閉塞性睡眠時無呼吸症候群に分類し、それぞれの年齢や性別、身体所見、無呼吸低呼吸指数(AHI)、睡眠構成、睡眠中の酸素化値などを比較して、特徴を見つける。
共同研究機関名 本研究は、信州大学のみで実施されます。
問い合わせ先 氏名(所属・職名):野沢修平(大学院生・呼吸器内科医師)
電話:0263-37-2631

既存の診療記録、検査結果を研究、調査、集計をしますので、新たな診察や検査、検体の採取は必要ありません。

当院外へ患者様を直接特定できる個人情報がでることはありません。
必要な情報のみを集計します。研究成果は今後の医学の発展に役立つように学会や学術雑誌などで発表しますが、患者様を特定できる個人情報は利用しません。

この研究にご自分の診療記録等を利用することをご了解いただけない場合、またご不明な点については、上記問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。
研究不参加を申し出られた場合でも、なんら不利益を受けることはありません。ただし、同意取り消しの申し出をいただいたとき、すでに研究成果が論文などで公表されていた場合や、試料や情報が匿名化されて個人が全く特定できない場合などには、結果を廃棄できないこともあり、引き続き使わせていただくことがあります。

オプトアウト文書(PDF)

信州大学医学部附属病院 呼吸器・感染症・アレルギー内科に過去に入院された患者様またはご家族の方へ 当科における臨床研究にご協力をお願いいたします。

「COVID-19に関するレジストリ研究(COVID-19 Registry)」に関する臨床研究を実施しています。
信州大学医学部医倫理委員会の審査による医学部長の承認を得て実施しています。この研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされています

倫理審査承認番号
研究課題名 COVID-19に関するレジストリ研究 (COVID-19 Registry)
所属(診療科等) 内科学第一教室
研究責任者(職名) 花岡 正幸(教授)
研究実施期間 倫理委員会承認日~2023年1月31日
研究の意義、目的 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者様の診療情報(身体所見、検査所見、治療薬など)を検討し、今後の治療薬開発などに結びつけます。
対象となる方 2020年1月1日から2021年1月31日の期間に当院でCOVID-19症について入院治療を受けられた方
利用する診療記録/
検体
生年月日、性別、イニシャル、COVID-19発症日、PCR陽性日、肺炎の診断有無、酸素療法の有無、治療薬候補の薬剤投与有無、妊娠の有無、入院や治療に関する情報、ウイルス学的情報、臨床画像など
他機関への試料・情報の提供方法 FAX、電子的配信により提供します
研究方法 過去の診療記録より上記の内容を収集し、COVID-19の病態や予後に関連する要因などについて検討します。
共同研究機関名 国立国際医療研究センター国際感染症センター(責任者:大曲貴夫)
国立感染症研究所(責任者:鈴木基)
北海道大学大学医学研究院(責任者:西浦博)
研究代表者 主任施設の名称:国立国際医療研究センター国際感染症センター
研究責任者:大曲貴夫
問い合わせ先 氏名(所属・職名):牛木淳人(信州大学医学部附属病院医療情報部准教授)
電話:0263-37-3016

既存の診療記録、検査結果を研究、調査、集計しますので、新たな診察や検査、検体の採取の必要はありません。

利用する情報からは、患者様を直接特定できる個人情報を削除し、主任施設である国立国際医療研究センター国際感染症センターに提供します。
研究成果は今後の医学の発展に役立つように学会や学術雑誌などで発表しますが、その際も患者様を特定できる個人情報は利用しません。

この研究にご自分の診療記録等を利用することをご了解いただけない場合、またご不明な点については、上記問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。
研究不参加を申し出られた場合でも、なんら不利益を受けることはありません。ただし、同意取り消しの申し出をいただいたとき、すでに研究成果が論文などで公表されていた場合や、試料や情報が匿名化されて個人が全く特定できない場合などには、結果を廃棄できないこともあり、引き続き使わせていただくことがあります。

オプトアウト文書(PDF)

一覧はこちら(News&Topics)