スタッフの紹介

講師:安尾 将法(MASANORI YASUO)

m-yasuo

出身地

大阪府

出身高校

大阪府立茨木高等学校

卒業年度

  • 平成9年 信州大学医学部卒
  • 平成15年 信州大学大学院医学系研究科卒

留学

2008年~2010年 アメリカ バージニア州 リッチモンド市 バージニアコモンウェルス大学

学位

医学博士

資格

  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会専門医・指導医
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医、指導医

研究分野

COPD(慢性閉塞性肺疾患)、喘息、呼吸器内視鏡(気管支鏡)の治療(Interventional Pulmonology)および診断

研究概要

  • COPDの病態解明に関する研究(COPDモデル動物作成、COPD患者肺、血液を用いた研究、気道炎症に関する細胞実験)
  • COPD、喘息治療薬の効果検討、QOL向上の検討
  • 気管支鏡の診断率向上の試み、新たな診断機器開発、治療成績の解析

所属学会

日本内科学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本アレルギー学会、日本感染症学会、日本医史学会、日本肺癌学会、American Thoracic Society(アメリカ胸部疾患学会)

その他

  • 2010年 第7回 北関東信越呼吸器フォーラム 優秀演題賞
  • 2013年 第12回 信州医学会賞 原著論文部門
  • 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会幹事

☆研究業績に興味があればPubMedでMasanori Yasuoを検索してください。

趣味

歴史(歴史と名のつくものであれば、ヒト、モノ問いません)。ワイン。子供と野球やテニスをすること。

コメント

呼呼吸器内科医である前に人間ですので、患者さんの診療の時には「自分がその立場であったらどう考えるか」を考えるように心がけています。呼吸器内科領域は急性、慢性、感染、炎症、腫瘍、内視鏡、画像読影、生理検査 何でもできます。興味のある方はいつでも見学等にお越しください。